薬づけのような日々を送っています。とても健康な身体とはいえない状態です。ですが薬によって助けられているのです。

健康のためには薬の飲み方を熟知しよう
健康のためには薬の飲み方を熟知しよう

薬づけの毎日では健康な体と言えません

健康のためには薬の飲み方を熟知しよう
今、自分の飲んでいる薬を見てみると本当にゾッとするのです。一日どれくらいの薬を飲んでいるのか、これで本当に健康になるのだろうかと思うのです。正直、60歳を越えた今では健康になるよりも病気がこれ以上進行しないように薬を飲んでいるようなものと思います。まずは心臓の薬で一日一錠飲むことになっています。心臓の収縮力を強めて心不全の症状を回復する薬です。これは、心臓の動きを調整して不整脈をも改善してくれるのでした。更には一日二錠飲んでいるのが、心臓の周りの血管を拡げ、狭心症の発作から守る薬です。そして血管を拡げ血圧を下げる薬も飲んでいます。狭心症を防ぐ役目の薬です。これらは、ニ種類の薬でカバーしているのです。この他にも血液中の尿酸を下げる薬、胃酸を抑え胃炎や食道炎の改善をする薬も飲んでいます。またまた肝機能を改善薬も飲まされているのです。加えて、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす薬までも飲まされているのでした。

これらの薬を毎日二回ほど飲んでいる私ですが、身体に出る数値と言うものの改善が見られないのです。身体に治癒する力が残っていないのでしょう。残りの人生は、これ以上身体を悪くしないための日々になっているのでした。若い時の無鉄砲さが今になって響いているのです。子供の頃から、規則正しい生活を送っているだけで、このような身体にはならなかったのでしょう。健康を保ちたくても無理な身体になりました、深く反省しても遅いのでした。

関連記事・情報